沿革

スリーエム工業株式会社はストレーナー・サイトグラス・フートバルブ・地上型フートバルブ・ゲージバルブ・テンポラリー等ステンレスバルブ製造メーカーです。こちらでは、スリーエム工業株式会社の沿革を掲載しております。

昭和46年10月
大阪西区本田3番丁において、特殊弁の設計製作専門の小型メーカーとして発足し、特定のユーザーの需要に応えるべく創業を開始。 ステンレス鋼を主体とした、ゲージバルブ、タンクローリー用ボール弁、高温用メタルタッチボール弁等を製作。
昭和50年6月
個人組織を株式会社に改変。立売堀2丁目に本社移転。それとともに製作品目の拡大を図り、従来の受注生産方式から。在庫生産方式に切り替え。
昭和51年12月
製品品目中、フート弁についてリフト式をT板式に、寸法も3/4B〜24Bまでに、生産体制を切り替え。
昭和55年3月
新製品、Y型ストレーナー構成3/8B?10Bまでのステンレス鋳鋼製の在庫生産体制を敷き、同時に8B以上20Bまでの製缶タイプの製造も開始。
昭和57年9月
バケット型ストレーナー口径3/4B?4Bまでのステンレス鋳鋼製の在庫生産体制を敷き、同時に5B以上16Bまでの製缶タイプの製造も開始。
昭和61年5月
ロストワックス製法による新型水面計用ゲージバルブの規格化及び量産化開始。
平成元年6月
大阪市西区九条南4丁目(現在地)に自社ビル建設。
完成にともない移転。
平成元年8月
バケットストレーナー・ステンレス鋳鋼製5インチ及び6インチの在庫生産開始。
平成元年9月
資本金3,000万円に増資。
サイトグラス・ステンレス鋳鋼製4インチまでの在庫生産開始。
平成3年2月
複式ストレーナー・ステンレス鋳鋼製4インチまでの在庫生産開始。
平成5年
中国にてロストワックス鋳造品の生産を開始。
平成5年12月
創立20周年記念式典開催。
平成14年
台湾にて鋳物並びに完成品の生産を開始。
平成14年6月
中期(5ヵ年)経営計画を発表。
平成15年12月
創立30周年記念式典開催。
平成15年12月
資本金7,000万円へ増資。
平成25年10月
テクニカルセンター建設。
平成27年5月
東京営業所開設。